地理とネットから考える日本の在り方

リモートワークなど、ある程度の物理的な要因を無視できる現状でも完全に地理を無視できるわけではないため、両方を視野に入れつつ考察するブログ

長崎新幹線は不要

 

 長崎新幹線について結論

佐賀県の主張通り、在来線を廃止してフル企画の新幹線を導入する必要は無いと思います。長崎の自己中さが遺憾無く発揮されています。長崎は100年前の感覚が抜けていないのでしょうか? 今や長崎は重要拠点ではありません。巨視的に見て、福岡からの旅行先程度の土地です。鎖国と言う政治由来のバグで発展してしまった土地です。今後鎖国の様なバグが発生しない限り、長崎の重要度が高まることはありません。

そのような都市を結ぶ路線が、維持運用費を無視せず今後継続して黒字化できると言い切れるのであれば、その根拠を示すべきです。意思決定を下した人間はもうすぐ老後だから問題ないという考えとかでしょうか?

九州全域で考えた案

新幹線以外にも九州は色々考慮すべきことがあります。

かつて長崎は非常に影響力の強い都市でしたが、現状は福岡の子分のようなものです。新幹線の話題から脱線しますが、財政的にも壱岐対馬長崎県から福岡県に変更すべきと思います。それに壱岐対馬にアクセスできる都市は福岡市です。小笠原諸島が東京都であるように、財政力のある福岡が管轄すべきです。

その他にも佐賀県日本海側は福岡と長崎とし、福岡の久留米などの筑紫平野全域は佐賀県にすべきではないでしょうか?そして佐賀県の中心地を久留米または鳥栖にしてはどうでしょうか?都市圏としては下記図の方が正しいのではないのでしょうか?

f:id:tokuo201:20210124072212p:plain

 

話を戻して、長崎の主張通り全路線フル規格の新幹線を通したいのであれば以下路線案の方が適切だと思います。(ピンク線が路線)

f:id:tokuo201:20210124072733p:plain

結局九州新幹線は福岡市へのアクセス向上が主な目的なはずです。佐賀市を経由しなければ良いのです。もし佐世保も通したいのであれば、路線を多少変更すれば良いでしょう。

佐賀側

在来線は残り、福岡へのアクセス性が従来通り維持されます。わざわざ長崎のためだけに税金を利用し、在来線を廃止する必要はありません。さらに県の区域変更を実現させた場合は久留米と鳥栖を両方抱え、より効果的な筑紫平野の開発が可能となります。

長崎側

福岡へのアクセスが向上し、佐賀にとやかく言われずに済みます。長崎-佐賀間は従来通りのアクセスで問題ないはずです。福岡間の路線が赤字であれば、そもそも不要であったとしか思えません。熊本へのアクセスは佐賀を経由した方が早いでしょうが、佐賀の住民を犠牲にするほどの価値はありません。佐賀は地盤沈下などオフィスビルの立地条件としては適さないところも多いでしょうが、農業地として、住宅地としての価値が大いにあります。長崎の様に坂道だらけで、人が住むポテンシャルが本来低い土地とは違います。

結局・・・

佐賀は福岡の植民地と言われるがそうではない。九州全体が福岡の植民地である。

ちなみに福岡空港とのアクセス性を考慮して宮崎空港に路線を敷いている宮崎は非常に優秀な植民地です。

pro-elder.hatenablog.com