都道府県の境界線変更案(道州制ライク)

リモートワークが推進されているこのご時世にこそ! 

近年は道州制の検討もほとぼりが冷めたように思えますが、リモートワークが推進されているこのご時世にこそ地方活性化のため道州制とまでいかなくとも、地方拠点都市を強化する案を検討しても良いと思われます。(似た考えにスマートシティ構想もありますね。)

都道府県から道州制に変更されると、国から地方へ財源が委譲されるため、特に州都となる都市は少なくとも今よりは潤うと期待されており、仙台のようなほぼ間違いなく州都になるような都市にとって非常に魅力的です。しかし、人材が自由に移動できる以上は東京が地方を吸収する流れを完全に変えることはできないはずです。

少子高齢化の現代において、東京に吸収されつつも経済成長することは、全ての都市が実現できることではありません。実現させている唯一といってもいい都市として福岡があります。東京に吸収されつつも、東京に負けじと九州全域(+山口)を吸収しているため、少子高齢化の現代においても非常に高い成長率を見せています。道州制は地方拠点都市を福岡化させる政策と言い換えられます。拠点都市以外は基本的にただ吸収されるだけです。

吸収されること自体を悪と見なす方がいますが、私はある程度集約することは良いと思います。各都市に差が生じることで棲み分けができ、自分に適した環境に身を投じれば良いだけです。最高水準の環境、ニッチな環境に身を投じたい人にとって東京は魅力的な都市です。一方で最高水準の競争環境で疲弊はしたくないが、ある程度の水準を求める人にとっては地方拠点都市は非常に魅力的です。何もせずにある程度の水準の求める人は知りません。生ぽが無くならない状況を祈っててください。(一応補足すると、コロナの様な不況や、病気などもあるので、決して生ぽが悪いと言っているわけではありません。むしろその様な状況の場合は、生ぽを遠慮せずに利用して、すぐに社会復帰できる様にすべきです。)

世の中の大多数の人が最高水準の競争環境を求めているわけではないと思うので、地方拠点都市を推進する政策は大いに賛成ですので意欲的に考えていきます。(ちなみに経験を積むため、学生時代などは可能な限り大きな都会へ行くべきだとは思います。)

今回は財源委譲のメリットなどについては記述せず、どのように都市をまとめ、どの都市を勝手に州都にしたか記述していきたいと思います。基本的にインフラ、地形、人口集約度などを参考に区分けしています。

全国図

まず先に全国図を記載します。以下図の通りです。

f:id:tokuo201:20210205052928p:plain

一般的に考えられている道州制の区分図よりは細かく分けています。徐々に様子を見つつ拡大できれば良いという考えと、戦略性の高い州は特別な州として経済特区の様に別枠を設ければ良いという考えから、既存の都道府県を多少大きくした程度の区分けになっています。

北海道

変更なし。
分割してもこれまで通り道民の多くが札幌に移住するだけです。道東を活性化させる方法があるのであれば教えてください。

東北(北)

このブログを記述する上で、東北の仙台より北部をどう区分けするかが一番悩みました。ピンク線で区切る案とブルー線で区切る案の2つを以下図に示します。

私は東北一括りで区分けするのは流石に大きすぎと考えています。昔と異なり移動が早くなったとはいえ山脈越えは骨が折れます。トンネルなどインフラの維持費もバカになりません。トンネルの維持費などを考慮して境界線は山脈の尾根ではなく、経済的に余裕のある州が山脈を抱えるように境界線を引くのが理想的だと考えております。(画力がないので図からは見て取れませんが、、、)

f:id:tokuo201:20210205005210p:plain

仙台はどの場合においても州都です。北海道の様に

  • ピンク線の場合
    メイン案であり、ピンク線場合は青森が州都です。弘前市民がキレそうですが新幹線が走っていないので青森を選択しました。
  • ブルー線の場合
    サブ案であり、盛岡と秋田が州都です。秋田はブルー線の場合は地理的に中心地であり、慈悲の心で州都に選びました。州都にでもしなければ即死しそうでしたので、、、

東北(南)+ 新潟 

f:id:tokuo201:20210205003230p:plain

州都を宇都宮か郡山かで揉めるとは思いますが、東京により近い宇都宮を州都に選びました。

関東

f:id:tokuo201:20210205005635p:plain

ブルー線は候補ですが、基本的にはボツ案です。

国際競争力の高い東京は変更させず、周辺県の境界線を多少拡大させてはいるものの、従来通り東京の恩恵を授かる様に線引きしています。下手に東京は分散させない方が良いと考えております。むしろ東京の西側を神奈川、埼玉に振り分けても良いかもしれません。

上述しましたが、最高水準の研究、非常にニッチなものに触れることができる環境などを維持、発展させることができる今の東京は、最先端を求める人たちにとって魅力的な街です。ちなみに後述しますが、大阪も下手に分散しない様に線引きしています。

東海+北陸

f:id:tokuo201:20210205023921p:plain

  • 長野、山梨、群馬
    現代の長野と山梨の区分けは中山街道が基本的な考えでしょうが、現代においてそこまで中山街道を意識する必要はありません。山脈の谷全てを縫う様に自動車道は整備され、一方で北部は北陸新幹線、南部は(まだ開業していないが)リニア新幹線によって分けられます。そのため、長野を南北に分け、南部を山梨と同じ州にしています。
    ブルー線も候補ですが、前橋や高崎が州都に選出される可能性もあるため、基本的にボツ案です。
    その他にも長野を長野市-松本間で分断し、州都を松本とする松本+山梨州、州都を高崎とする長野+群馬州も有りです。
  • 北陸
    北陸は地理的に中心の金沢が州都です。特に富山は統合されたくないでしょうが、そもそも日本において日本海側の土地は不利ですので、北陸一丸となって頑張るできです。
  • 静岡
    静岡は多少神奈川に吸収され、一方で豊橋を吸収して拡大させました。州都は浜松です。静岡市ではなく浜松を選出した理由は都市雇用圏が浜松の方が大きいことと、名古屋に近いことが理由です。濃尾平野は日本でも屈指の広さ、水資源に恵まれている点からまだまだ発展の余地がありつつ、実際に発展している土地です。その発展に乗っかれるよう名古屋の衛星都市として静岡市ではなく浜松を強化します。
  • 愛知、岐阜
    愛知は岐阜と統合していますが、東京都同様に分散せないため岐阜を切り離しても良いかもしれません。ですが東海は工業都市の側面が強い点、東京と大阪に挟まれている点、北京、上海、香港、ソウルなど、東アジアに国際都市が多数存在する点から地方拠点都市で十分という判断から愛知と岐阜は統合しています。決して名古屋に国際的な魅力が無いと言っているわけではなく、工業系の現場の人たちが集うことで商業も発達した都市であり、商業を原動力に発展している都市では無いと言う考えからの統合です。
    水系で分けるために北部を北陸州にした方がも良いかもしれませんが、一旦上図案を採用しています。
  • 三重
    三重は変化なく、これまで通り名古屋の恩恵を授かるだけです。

関西

f:id:tokuo201:20210205034539p:plain

  • 大阪、神戸
    大阪は尼崎、西宮も吸収し、大阪平野一丸となって東京とはまた異なった屈指の国際都市であるべきです。そのため大阪平野に集約させています。神戸も大阪と合併すべきでしょうが、ここではあえて合併させていません。神戸は中四国編でも記述します。
  • 京都、滋賀、日本海
    京都は滋賀を吸収し、一部奈良と兵庫に吸収されています。京都は国際観光都市でありつつ、ハイテク産業が盛んな現代都市であり、学園都市でもあり、商業都市でもある非常に個性の強い都市ですが、もともと平野が広くないゆえに土地が不足しています。そのために既に京都のベットタウン化によって人口が増加している滋賀を手中に収めてさらに成長しつつ、日本海側を負担してもらう様に線引きしています。既に琵琶湖の管理局は京都にありますし、滋賀は京都の植民地なので特に違和感ありません。
  • 奈良、和歌山
    和歌山が死に体なので荷が重いですが奈良にカバーしてもらいます。どちらも大阪のベットタウンですが、奈良であれば京都のベットタウンでもあり、観光資源もあるため和歌山より州都に相応しいです。大阪は関西地区の発展に集中してもらうために和歌山のカバーは行いません。大阪が東京とはまた異なった国際競争都市として発展し、その恩恵を奈良、和歌山が授かる方式です。京都の南部は同志社などもあり、和歌山は重荷なので奈良に分け与えても良いかもしれません。

中四国

f:id:tokuo201:20210209001331p:plain

  • 山陰
    山陰が死にかけているので松江に集約し、山陰の端を山陽側に負担してもらいます。
  • 山陽(東)
    岡山と兵庫を合体させます。神戸を州都としない理由は、関西が元気な間は勝手に活性化する点や、神戸は既にキャパがない点、勝手に神戸空港を建設する身勝手さを抑制するためです。岡山は中四国の拠点都市として適性があることや、同じく州都の高松に近いことから中四国最大の拠点都市としての活躍を期待するためにも州都にしています。
    鳥取を吸収しない場合は姫路を州都にすることも考えられます。
  • 山陽(西)
    広島と山口は多少変更させていますが、方針としては山口の内、福岡と交流の深い部分は残し、広島と交流が深い部分を広島に吸収してもらっています。山口の州都は北九州と協力するために下関です。
  • 四国
    香川は徳島を完全に吸収し、愛媛の一部を吸収しています。吉野川の水資源を協力して有効活用するためと、本州とのアクセス性を元に徳島を吸収する様に線引きしています。

九州

先にサブ案のを記述します。

f:id:tokuo201:20210205044035p:plain

現状との変更点があまりありませんが、少なくともこれだけは変更すべきという考えからの線引きです。

  • 福岡
    福岡は壱岐対馬を長崎から引き取ります。上図では記述していませんが、北九州は下関州にした方が良いかもしれません。
  • 筑紫平野
    佐賀は久留米を州都とし、筑紫平野の効果的な開発を行うために福岡の一部を吸収。
  • 長崎
    長崎は佐賀の日本海側を吸収。佐世保日本海側(福岡)ルート、佐賀ルート、長崎市ルートの交差点にもなることができ、アメリカ海軍が駐留していることから、長崎市より重要視するために佐世保を州都としています。現状では長崎を代表する企業は存在しません。現代においても仮に造船所を拡張するにしても長崎を選択する理由は特になく、福岡への人材流出も止められません。ベットタウンにしても佐賀を差し置いて長崎が成長することはありません。要するにアメリカ海軍など、政治的な理由以外に希望がありません。

 

次は本命です。

f:id:tokuo201:20210205180553p:plain

5州に分ける案です。もともと九州は7県ですので、5州で九州と呼んでも良いですよね?

  • 九州北部
    上述しましたが、北九州を下関州にする場合は佐世保五島列島を福岡州にします。
  • 九州南部
    鹿児島と宮崎を同一州にする案もあります。その際、宮崎を州都にしていますが、宮崎を陸の孤島から救うために需要を創出します。長崎新幹線を整備するぐらいならば、鹿児島から宮崎へ延伸、もしくは熊本で分岐して新幹線を通してあげてください。慈悲だけではなく、平地、水資源、日本と海外を結ぶ海上交通の要所としてのポテンシャルが期待できることからも宮崎を州都にしています。

沖縄

鹿児島との県境は考慮すべきかもしれませんが、基本的に沖縄は沖縄です。

 

ついでに空港について

地方を見直すという点において、地方空港の在り方についても州都にだけ空港を建設し、キャパ不足、貨物輸送の観点から必要であれば拡張、または新しい空港を建設すべきだったと考えております。

日本の空港は空港を減らしても問題ないほど、非常に鉄道交通網が発達しています。旅客輸送において私の体験談で空港を減らしても問題ないと言える例を記述すると、以前東京から北九州へ移動する際、福岡空港を利用した後に新幹線で小倉まで移動しました。北九州空港福岡空港ほどアクセスが良ければ普通に北九州空港を利用しますが、現状"旅客輸送"のおいて北九州空港が存在しなくても問題ありません。値段を気にするのであれば、LCCで移動後、在来線を利用すれば良いだけですし、新幹線でも博多-小倉間は2000円です。貨物輸送や福岡空港のサポートであれば、北九州空港は同じく関門都市圏に存在する宇部空港と協力すべきであり、そもそも下関付近に1空港のみ建設すれば良かったはずです。

福岡空港の様な博多駅まで地下鉄で2駅で移動できるほどアクセスが良く、利用者の多さから便数が豊富であり、移動にかかるストレスが小さい地方のハブ空港は、同時にLCCも充実しており、利用者にとって非常に魅力的です。また、無駄な空港を減らすことが可能な点から運営者側にとっても魅力的です。脳死で「1県に1空港は必要」といった思い込みなどで建設するのではなく、鉄道、バスなどとも協力し、経済、環境面からも雇用都市圏毎に必要であれば建設すべきであったと思います。政治的な理由で赤字路線確定であっても建設させられるJALANAがかわいそうです。JRなどある程度国と距離を置きたい企業が出てくることも非常に頷けます。

政令指定都市を有する県に存在しつつも悪い例として、広島空港があります。端的にアクセスが悪すぎな上、岩国空港も存在する点が最悪です。広島市福山市のために建設し、結果両方が不便を強いられる残念な例です。岩国空港岡山空港と協力して、広島と山口市民用に岩国空港、岡山と福山市民用に岡山空港を建設すべきだったと思います。在来線に隣接する岩国空港用は特急列車、特急バスを走らせれば良いだけであり、岡山空港の立地が今と異なり、在来線も活用できる倉敷付近であったとすれば岡山、倉敷、福山市民用の空港として機能し、異常なまでにアクセスの悪い広島空港をわざわざ建設する必要がありませんでした。

 

pro-elder.hatenablog.com