北陸新幹線の不満について

 

北陸新幹線にて気になる点

以下図の2点

建設費には税金が使われているのに、これは社会のバグなんじゃないですかね?

f:id:tokuo201:20210124015624j:plain

金沢-大阪間

正確には敦賀-京都間である。すでに路線は決定しており変更はできないし、多くの人が議論した結果であることは承知しているがやはりおかしいとしか思えない。

確かに北陸を経由して東京と大阪を繋ぐという観点からは問題がない。しかし敦賀-京都間を建設する費用は非常に無視できない。敦賀-米原間のみ建設した方が費用、および名古屋-金沢間の移動を考えた際に優位性があると考えられる。

仮に敦賀-米原間のみの建設の場合、名阪間に余裕がないこと、JR東海JR西日本との問題があることを考慮しなければならない。しかし名阪間のキャパは中央新幹線を考慮すると反論できる。JR東海JR西日本との問題は話が飛躍するが統合した場合無視できる。個人的にJRはNTT東日本、西日本の様に統合すべきと考えている。統合後はJRは東京(より正確には神奈川、上越あたり)を境界に分割し、飛行機、自動車も含めていかに効率的に各都市が東京にアクセスできるか考慮すべきと考えている。

f:id:tokuo201:20210124085801j:plain

東京-金沢間

なぜ高崎で分岐したのか?新潟-金沢間の移動を考えるとバグでしかない。上越で分岐した方が建設費、利便性も良い。上越新幹線の開業の方が早かったためと言えばそこまでなのだが、仮に上越分岐の場合、北陸新幹線まで含めた新幹線建設が早まった可能性は高い。仮に新幹線計画全体に余裕があるのであれば”後から”高崎分岐を建設すれば良い。

その他に新潟-山形-仙台間を繋ぐ新幹線を考える価値が生じる(下図参照)。山脈を考慮すれば新潟の延伸先候補は福島県の郡山、次候補に鶴岡-新庄経由の仙台が濃厚なので、あくまで構想の域を脱することはないと思われるが、政令指定都市レベルの都市を繋ぐことは少なくとも山形新幹線よりは有意義なはずである。ミニ新幹線のための実験と考えれば納得はできなくもないが、秋田新幹線山形新幹線のどちらか一つで十分である。

f:id:tokuo201:20210124090321p:plain

国益とは?

新幹線建設計画は運用まで考慮されていないのか、昭和のバカ需要前提で考えられていたのか、純粋に国会議員の新幹線タダ乗りなどの利権なのかは定かではないが疑問が途絶えない。誰か教えてください。

pro-elder.hatenablog.com

 

地理から考える日本の在り方

何を記述するか

勝手に日本の方針などを考えて記述するブログです。以下の様なブログを記述していきます。

pro-elder.hatenablog.com

新幹線問題から・・・

リニア新幹線北陸新幹線長崎新幹線を側から見ていると非常に醜いと思える部分があり、本来はこうすべきでなはないだろうかと思うことが増え、その自身の考えに正当性があるか確認するために始めたのが本ブログ開設のきっかけである。

なぜ地理なのか?

近年はGAFAをはじめITが騒がれており、ITは地理を気にしなくても良いように考えられるが地理は無視できない。人材、ネットワークの可用性、電力など適切な箇所に拠点を配備する必要がある。それ以外にもIT業界は日本という国レベルで雇用を"直接"確保する業界ではなく、製造業やサービス業といった国レベルで雇用を支える産業を"間接"的にサポートする業界であることも考慮したい。自動車の制御システム、鉄道制御システムなどITが間接的に他業界をサポートする例である。国レベルで戦略を考える際は純IT企業より雇用の多い企業を重視すべきである。この様な企業も当然輸送、資源をはじめ地理を意識しなければならない。産業界を無視しても平地、水資源の多いところ、交通の要所、災害の少なさなど地理的価値の高い場所に人は集まりやすい。(政治的なバグにより地理的価値を失う例外も存在するので注意は必要だが、、、)

念の為補足するが、ITを軽視しているわけではない。私もIT従事者であり、楽天をはじめとした純IT企業のサービスの恩恵を得ており、外国語、論理、数理などと同様に全業界をサポートする非常に重要な業界と考えている。しかし""IT企業はある程度淘汰されるべきであると考えている。IT業界を非常に極端に表すと規格を決定し、その規格の上で全てが成り立つ産業である。規格を乱立させることは非常に愚かなことである。開発者、運用者は学習コストからも優位性の高い規格に集中する。さらに近年はクラウドも一般化され一部企業はオンプレでの開発運用を考えなくて良い。純IT企業で国家レベルの雇用を確保することは、永遠に無駄を解消せず人力で対応することを意味する。その様な企業が継続的に競争力を確保することは非常に難しい。仮に確保したとしても人力対応させられている労働者の労働環境は決して良くない。事実下手に雇用を確保することはせず、可能な限り技術革新を行うGAFAの市場の支配力は強い。ITの良さを真に理解し、活用することが何より重要である。その結果として成長し雇用はある程度確保される。無駄を解消せずに雇用を”継続的”に確保することは夢物語である。

継続的成長を考える

全てをこのページのみで記述することは不可能であり、ここでは方針をのみを記述する。気晴らしに少しずつブログにしていこうと考えている。

継続的成長を考える上で色々な要素を考える必要があるが、「資源」、「交通」、「人材」を根源的な要素として考え、記述する予定。

引用資料まとめ

都度変更

情報(地図) - Google ドキュメント

情報(地図) - Google ドキュメント