地理とネットから考える日本の在り方

リモートワークなど、ある程度の物理的な要因を無視できる現状でも完全に地理を無視できるわけではないため、両方を視野に入れつつ考察するブログ

不要だが敢えて四国新幹線の実現について考える

 四国新幹線の必要性?

実家が松山なので個人的には欲し、、、くないです笑。松山は空港が近場にあるので正直困らないのと、その他都市も特急、バスがあります。個人的には新幹線より松山空港に在来線を延伸して欲しいところです。

個人的意見を抜きにしても新幹線は不要です。人の移動においてLCCの登場により飛行機が手軽な値段で利用できるため、現代において莫大な建設費を要する新幹線は四国において不要です。(一応補足すると松山-高松間の移動であれば新幹線のほうが確かに便利です。)四国の活性化を謳ったとしも空港までのアクセス向上の方が重要です。便利すぎる福岡空港を擁する福岡市と良い空港を持たなかった北九州が良い例です。かつては九州支社の支店数も北九州の方が上でしたが今や見る影もありません。

貨物輸送についても考慮すると、JR四国は赤字だから在来線までも不要と言うつもりは一切ありませんが、人の移動手段としては重要ではありません。一方でコンテナによる貨物輸送は環境的に経済的にも重要であり、現在のJR四国は貨物輸送を最優先に考えるべきです。貨物輸送のついでに人を運べば十分です。(ただし市内電車は普通に人の移動手段として大事)

とりあえず山形新幹線秋田新幹線が許されるのであれば東北以上に人口集積効率が良い四国は許されると思い込んだり、新幹線の建設費は多くを国が出資するためmmtの観点から建設費による赤字は経済活性化のためだから問題ないと勝手に結論づけてみます。(正直インフラは経済活動の土台であることから赤字でも全く問題なく四国横断新幹線を建設すべきと言う輩は国賊と思いますが敢えて無視。確かに多少の赤字は問題ないと私も思っていますが限度があります。特に愛媛と大分を繋ぐ新幹線構想

四国新幹線は色々案があるのですが、個人的に考えている路線図は以下図のピンク線です。

f:id:tokuo201:20210124040134p:plain

中四国のハブを岡山とし、岡山への移動に時間がかかる都市を繋ぐ構想です。(ついでに松江も、、、)ぱっと見は岡山のための路線に思えますが、大阪へのアクセスを重視しています。要約すると四国新幹線の主な目的は関西方面のアクセス改善です。そのため四国新幹線実現のためには大阪、岡山、(ついでに松江)も巻き込むべきと考えております。

以下各都市の目線に立って記述いたします。

ハブ役(岡山)

中四国の人口分布、地形、既存インフラから大阪への橋渡し役としても岡山が妥当です。その他にも中四国の中心都市としても適切です。現状広島市が最大でマツダ等も存在し、中四国の中心都市として見なされますが、岡山は近くに倉敷も存在し、都市雇用圏としては僅差ではあるものの中四国最大の人口を抱え、平野の広さも広島以上であり拡張性もあります。本来は広島より発展すべき都市であり、中四国最大都市となる要因を四国新幹線で作ります。

中四国の中心都市をイメージする例として、全国ツアーライブの中四国の開催地を考えてみてください。以下条件から岡山開催が適切です。

  • 広島と岡山の都市圏民はどちらで開催しようが立場が逆になるだけで、人口規模からどちらの開催が優位となるわけではない
  • 山陰民は距離的にどちらの開催でも良い
  • 山口民は広島で開催しなくても福岡ツアーに躊躇なく参加可能。むしろ下関側は福岡の植民地
  • 愛媛民は航空写真からだと広島開催の方が良さそうだが、自動車、フェリー、電車でアクセスすることを考えると大差なし。むしろフェリーを利用せずにアクセスすること、四国新幹線が実現した場合などを考慮すると岡山の方が適切
  • 香川民は岡山開催であれば日帰りするレベル
  • 徳島民は広島開催の場合は大阪を選択。岡山開催の場合は大阪、岡山どちらでも良いが、電車を利用することを考慮すると大阪ではなく岡山を選択
  • 高知民は岡山ではなく広島開催の場合は大阪を選択しなければならない

路線ハブられ組(高松)

高松はハブられていますが丸亀付近は含まれており、香川全体がハブられているわけではありません。四国新幹線を利用したければ、在来線で丸亀まで移動すればいいだけです。高松民を納得させるために丸亀駅を新高松駅命名しても良いかもしれません。既存の駅舎とは別に新幹線用の駅舎として建設された新横浜や新大阪のようなものと大差ありません。

仮に松山-高松-徳島間の移動に需要が出るのであれば後々延伸すれば良いだけです。

路線ハブられ組(徳島)

徳島市民のほとんどが岡山や松江に移動する場合は必要でしょうが、徳島市民が最も移動したい方面は大阪方面でしょう。しかし徳島から大阪へのアクセスにおいて、岡山経由の新幹線と、淡路島経由のバスや自動車と比較した際に、膨大な建設費を無視できるほどの優位性はあるのでしょうか?明石海峡大橋は電車を通すことはできません。大阪-四国-大分と言ったふざけたルートは論外です。よって徳島はハブります。徳島は四国ですが、現状のインフラですら本質的に関西の外れ都市です。

f:id:tokuo201:20210124051524p:plain

仮に四国新幹線が活性化して岡山が中心地として機能し、徳島からも岡山へのアクセス需要が増加した場合は、増加した時に後から建設すれば良いです。その他路線と同時進行で建設する必要はありません。ちなみに香川方面への移動は無視できませんが、徳島-香川間の移動のためだけに新幹線の建設は論外です。

話は飛躍しますが、私は香川に徳島を吸収してもらい四国3県で良いと思っております。(九州は9県ではなのと似た様なものです。)吉野川の有効活用、本州へのアクセスなど協力して開発した方が良いと考えております。県庁所在地は高松、徳島どちらでもかまいませんが、四国新幹線が実現するのであれば間違いなく高松でしょう。

路線獲得組(愛媛)

大阪までのアクセスが改善されますが、今治市を経由するかは考えなければなりません。今治は無視して東温市経由の方が大阪へのアクセスの利便性は向上します。どうせ建設するのであれば個人的に東温市経由で良いと思っております。在来線は今治経由ですので決して今治陸の孤島になるわけではありません。

ちなみに費用対効果からより実現化が難しいでしょうが愛媛-大分間の新幹線建設の夢物語を思い浮かべワクワクすることが可能になります。

話は脱線しますが、愛媛もとい松山は新幹線よりコンテナ港を充実させた方が懸命です。旅客輸送は飛行機が最優先ですし、物流としては松山はコンテナターミナルとしての優位性を活かすべきです。

f:id:tokuo201:20210918214759p:plain

(ピンク線が鉄道によるコンテナ輸送経路、水色線が水上によるコンテナ輸送経路です。)

エリア別サービス案内(コンテナ時刻表) | サービスご案内(仕組みと特長) | JR貨物

基本的に輸送は水上が有利ですが、全ての輸送を水上で完結できるわけではありません。コンテナが国際規格化されている現代において、水上の次に長距離輸送で優先すべきは鉄道によるコンテナ輸送です。コンテナによる効率化以外にも人件費的にも長距離であればあるほどトラックと比較して優位性は大きくなります。ただし鉄道にも制約があり、(国鉄は建設しましたが)全く需要が見込めない地域や、市街地をクモの巣の様に路線を建設することはできません。そのため例えば高知と他県を結ぶ路線の需要は全くないため、本来はこのような路線は建設すべきではありません。

この水上輸送と鉄道輸送で完結しない地域への輸送に、コンテナターミナル等の物流センターからのトラック輸送、最近であればuberのように個人によるバイク等による輸送が効率的な輸送方法です。

 

話を松山に戻すと、松山の地理的メリットは水上輸送におけるコンテナターミナル港としての適性が高い点になります。松山-高松間は瀬戸内工業地帯であり、赤字路線とは言えJR四国の中では比較的営業係数が良い路線です。同じ四国の始点(終点)のように見える高知とはその点で異なります。

また松山沖は瀬戸内海では比較的水深が確保できることから、大型コンテナ船が入港しやすく広島、大分、宮崎も利用するコンテナターミナルとしての可能性を秘めています。

高松に関して本州との鉄道の接続点であることから適性が高く見えますが、東西に大阪(神戸)と福岡(北九州)が存在するため、水上のコンテナターミナルの駅としてのポテンシャルは小さいです。わざわざ高松を利用せず、大阪港のついでに輸送すれば良いだけです。(ただし高松は鉄道におけるコンテナターミナル駅の適性は高いです。)言い換えると大阪と福岡のおかげで松山は四国のターミナル港としての優位性を保証されていると言えます。

路線獲得組(高知)

高知ルートは松山より重要視しており、最悪松山ルートは無くても良いです。松山は松山空港が市街地から近いことや、四国の他県と異なり広島へのアクセスが大阪以上に無視できないためです。四国新幹線のメインの恩恵は関西方面のアクセス改善であり、西側への新幹線でのアクセス需要は見込めないからです。西側でメインとなる福岡は空港を利用すれば良いだけです。

ただし高知は新幹線より空港へのアクセス性向上のほうが優先度が上だと思います。宮崎空港のように空港と在来線を繋げる路線建設に税金を利用した方が良いです。

ちなみに高知ルートは国に対してのプレゼンの武器としてメタンハイドレートを利用できる可能性があります。高知はメタンハイドレートなどのエネルギー資源を考慮した際、期待値は大幅に上昇し、仮に日本近海のメタンハイドレートがエネルギー資源として活用できる水準に達した場合、高知は非常に価値ある開発拠点と考えられます。

www.gepr.org

あと話は新幹線から脱線しますが予土線は廃止でいいです。住民のことを考えてもバスで十分です。貨物輸送のメリットもなくただの負債です。これに関しては国鉄、行政側が悪く、JR四国は被害者。

路線獲得組(松江)

松江ルートも考えているのは、岡山がよりメリットを実感し、四国新幹線実現に意欲的になることが主な目的です。言い換えれば岡山への貢物です。四国側からすると最終的に松江ルートは実現されなくても構いません。

松江は高知同様メタンハイドレートを武器にできます。

また話が脱線するのですが、島根と鳥取は統合し、島根の西側を広島に、鳥取の東側を岡山か兵庫に分譲して(正確には負担してもらって)統合した島根を山陰の中心拠点として開発すべきと考えています。山陰の現状から、山陰全域のインフラを確保することは非常に厳しいと思われますが、高知同様に日本近海にある資源の開発拠点として1拠点は維持すべきです。その1拠点として松江を考えています。

 

pro-elder.hatenablog.com